つわりが酷い時は、匂いに敏感になったり、食べ物を受け付けなくなったりして食事作りが非常に辛く感じます。
かといって、毎日の事ですし、食事作りをしない訳にはいきません。
上の子供が居たりしたら尚更ですよね。
つわり中の辛い食事作り、何とか楽になる方法は無いものでしょうか。

調子の良い時間帯に全て済ませる

人にも寄りますが、つわりが酷い時間帯とそうでも無い時間帯が有ったりしますよね。
そういうパターンの人は、つわりの酷くない調子の良い時間帯に、出来るだけ三食分の食事作りを済ませてしまいましょう。
出来るようでしたら、冷凍庫にストックしておいて、後日使えるようにしておけば、体調の悪い日はそれを解凍して出す事も出来ます。

総菜を利用する

つわりで食事作りが辛い時は、総菜を上手に利用して食事作りに手を抜きましょう。
スーパーには栄養バランスの取れた総菜が沢山売っています。
つわりで辛い時は、食事作りをしなければ!と無理に思わずに、総菜を賢く使えばいいのです。
妊娠初期の大事な時に、食事作りがストレスになってしまっては元も子もありません。

マスクをする

つわりとはいろんな匂いに敏感になるものです。
ご飯の炊ける匂いがどうしても駄目だという話も良く聞きますよね。
そんな人は、マスクをして食事作りをしてみましょう。
出来るだけ匂いがしないように工夫するのです。
あまりキツくないクリップなどで、鼻をつまんでしまうのも良いですね。

毎日の食事作りは、つわりの酷い人にとっては拷問です。
中には、食事作りで吐いてしまう人もいる事でしょう。
あまりに辛い場合は、旦那や実家などに助けてもらっても良いと思います。